保育士の1日のスケジュールを公開!昼休憩は取れる?

子どもたちとどのように過ごして、いつ休憩しているの?

そもそも、しっかり休憩できるの?

そのような疑問に現役の保育士がお答えします!

現役保育士の1日スケジュール

まずは、保育士の1日のスケジュールをご紹介します。

(開園時間7:00~19:00の保育園の場合)

時間 子どもたちの活動 勤務体制
6:45~ 早出担当出勤
7:00~ 園児順次登園(早朝保育)
8:30~ 各クラスへ移動

各クラスで活動開始

戸外・室内遊び

普通勤出勤
9:30~ 0~2歳児おやつ
10:00~ 戸外・室内遊び

行事等

遅出担当が出勤
11:00~ 0~2歳児 昼食開始
11:30~ 3歳児~5歳児 昼食開始
13:00~ お昼寝

※5歳児お昼寝無しの日あり

14:30~ 起床
15:00~ おやつ
15:30~ クラスで活動

戸外・室内遊び

16:30~ 園児順次降園 早出担当が退勤
17:30~ 普通勤が退勤
18:00~ (延長保育)
19:00~ 全園児降園
19:15 遅出担当が退勤

大体の保育施設で、毎日このようなタイムスケジュールで活動しています。

お昼休憩について

お昼寝時間も保育士は忙しい

11:00頃に子どもたちと昼食をたべて、13:00~14:30のお昼寝の時間、1時間半たっぷり昼休憩をとることができるのね…と思われがちですが、そうではありません。

子どもたちが活動しないお昼寝の時間は、保育士にとってとても貴重な時間になります。毎日のお帳面の記入や日誌は、子どもたちが寝ている時にまとめてしています。

また、持ち帰りや残業を少なくするため、

  • 月案
  • 週案
  • 児童票
  • 環境構成
  • 保育準備
  • 行事の準備
  • SIDS
  • 睡眠中の事故防止のための睡眠チェック

といった業務もお昼寝の時間にすることが多いです。

寝ない子もいる

全園児がお昼寝しているとは限りません。

家庭環境の違いで、なかなか寝付かない子もいます。

就学前の5歳児はお昼寝をせず活動する日もあります。

一人一人の生活リズムに合わせて過ごす0歳児は、離乳食を食べていたり、活動している子もいます。

保育施設によって実情は違います

このような状況の中で、子どもたちとは別室で毎日60分しっかり昼休憩をするという事はなかなか難しいです。

だいたいの保育施設が、保育士間で協力し交代しながら、別室で30分ほど昼休憩をし、残り30分ほどの昼休憩は、保育室で睡眠チェックをしながら残っている業務をしたり、起きている子とゆったりと過ごすことが多いように思います。

しかし、中にはお昼寝の時に、別室でしっかり60分昼休憩を確保している!というレアな保育施設もあるようです。

転職して一番驚いたこととして「お昼に休める!」という事を挙げる保育士も見てきました。

お昼にしっかり休みたい、と考えている方は就職前に実情を園長などに確認しておけば安心かもしれませんね。

 

以上、保育士の1日紹介とお昼休憩について、でした!

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...