保育士あるある10選!保育士ならみんな思っていること。

保育士なら分かる、『あるある』をまとめてみました!

ちょっとした息抜きに、ぜひご覧ください。

腰が痛い!膝も痛い上黒くなり、くるぶしにはタコ!?

正座やしゃがむ姿勢が多いので、腰や膝が痛い保育士は多いです。

また、膝立ちをよくするので膝が黒く、正座のし過ぎで、くるぶしにタコができている保育士もいます。

しみやそばかす、くすみに悩む

子どもたちと外で過ごすことが多く、日焼け対策を怠らず頑張っているものの、年齢とともに、しみやそばかす、くすみに悩まされます。

エプロンのポケットの中身はティッシュだらけ!?

子どもの鼻水を拭いたり、泣いている子の涙を拭いたり、保育士にとってティッシュは必需品です。

日頃から、片方のポケットに未使用のティッシュ、もう片方には使用済みのティッシュが入っています。

子どもの病気に詳しくなる。ケガの手当てもバッチリ!

流行時に保護者に説明をしたり、早期発見のため全身状態を確認したりするため、子どもに多くみられる感染症(手足口病・ヘルパンギーナなど)に詳しくなります。

鼻血や傷の正しい止血なども身に付いています。

手洗い・うがいはこまめにしている

毎年インフルエンザになる保育士は多いです。また、体力が落ちている時は、子どもに多くみられる感染症にかかってしまうこともあります。

子どもの病気は大人がかかると相当きついです。

感染予防で、手洗い・うがいをこまめにしています。

食事が早くなる

子どもたちと一緒に昼食を食べ、子どもたちより早く食べ終えて、片付け等するので、早食いになってしまいます。

お帳面に書かれている、前日の晩ご飯をチェックしてしまう

その日作る晩ご飯の献立のヒントになるので、既婚の保育士は結構見ています。

知らない献立は、保護者に作り方を教えてもらうこともあります。

人間関係が面倒

女の人が多いので、ちょっとした事でこじれやすく、気疲れもします。

最近は男性保育士がいる保育施設も増え、部屋に男性が一人いるだけで、和やかになり空気が違います。

担当した子どもたちのことはずっと憶えている

楽しい、嬉しい、辛い、悔しい…子どもと気持ちを共有しながら、毎日を過ごします。

思い出もいっぱいです。

何年たっても、保育士は担当の子どもたちのことを憶えています。

癒され・元気をもらえる

「せんせー」と寄って来てくれたり、一生懸命お話してくれたり、抱きついてくれたりすると、ほっこりします。

子どもをギューっと抱きしめて、癒しや元気を貰うときもあります。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...