【保育士】幼稚園、こども園はどちらが大変?仕事内容と収入の違い

現在幼保一元化の流れから、こども園という新しい形態が誕生しました。

しかし、一般的な幼稚園・保育園と、こども園の詳細な違いは未だ分かりづらいようです。

今回はその中でも、仕事内容と収入の違いについてお伝えします。

仕事内容は同じ

まず一般的な幼稚園とこども園の、仕事内容の違いを比較してみます。

どちらもお子様をお預かりして身の回りのお世話をしながら、遊びを通して成長を促していく、という点は同じです。

そのため、他の幼稚園などから転職してこども園に入った方でも、即戦力として活躍できます。

受け入れ年齢・資格の違い

受け入れ年齢と資格については、こども園は特殊かもしれません。

幼稚園の場合

幼稚園は、幼稚園教諭です。

教師として毎日の教育的な活動、食育、行事ごと、PTAを通した保護者との関わり等をします。

また、就労家庭に合わせ、お預かり保育もあります。

こども園の場合

一方こども園は、幼稚園教諭の免許と保育士の資格が必要です。

0歳から受け入れし、離乳食を与えたりトイレトレーニングをしたりするなど養護をしながら、教育的な指導力も求められます。

また、年齢が低いほど一日の詳細な様子を記録として残す必要があります。

資格を2つ持つメリット

一見幼稚園の方が幼稚園資格だけで入れるので良さそうに見えますよね。

しかし、時代の流れを考えれば、幼稚園免許も保育士資格も持っていた方が賢明です。

また、施設中に学童保育を設ける所も増えてきましたので、必須ではありませんが小学校の免許を持っていれば、さらに重宝され仕事の幅も広がるようです。

給料・年収・福利厚生の違い

次は給与面です。

給料・年収について

公務員を除けば、基本的に大差無いようです。

地域や施設にもよりますが、大体年収350万円程度でしょう。

福利厚生について

幼稚園教諭は、私立の場合、私学共済(私立学校に勤務する教職員を対象とした社会保障制度)になります。

一方こども園は、学校法人なら私学共済ですが、社会福祉法人・個人や宗教法人なら健康保険です。

ここで、「学校法人」と「社会福祉法人」で福利厚生の面で違いが出てきます。

学校法人ですと、万が一のケガや病気の際、医療保険・短期給付によって一時金等がありますが、社会福祉法人の場合は「保育所型」だと健康保険となるため、一時金はありません。

慶弔費についても共済から支給があります。このように、一番の違いは額面ではなく、細かな部分にあります。

退職金については、学校法人・社会福祉法人の場合、団体加入すれば積み立ててくれます。

金額もそこまで違いはないでしょう。

ボーナスについて

ボーナス設定はその施設によって異なりますが、事務職等に比べると安定して頂ける業界でしょう。

企業型の場合、給与・ボーナスは企業の定める設定で、健康保険です。

ただ、事業所が都市部の場合、給与設定が都市部同等で設けてくれるところもあるので、地方所にはありがたい事業所です。

その他、最近は働き方改革のほか、国から処遇改善手当があったり、働き続けキャリアアップの勉強をした人は、更なる手当も付くようになってきました。

さいごに

今回は実際にこども園で働く保育士目線で、幼稚園・保育園との違いを書いてみました。

この記事が「こども園」について、一人でも多くの方が知るきっかけになれば幸いです。

 

こども園は人気がありますし、昇給やスキルアップ・年収アップも狙える素晴らしい職場だと思います。

幼稚園や保育園からの転職も多く、業務内容に違いは無いので即戦力で働くことができます。

 

今一度ご自身のライフスタイルと照らし合わせ、転職先の候補として検討してはいかがでしょうか。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...