保育士が遭遇したクレーマーの話。ファッションセンスにキレるモンスターペアレント!

こんにちは、現役の保育士です。

今回は、これまでに私が出会った中でも最強(最凶!?)と思ったクレーマー・ママをご紹介します。
題して「ファッションセンスが悪くて悪かったわね!」です。

それではどうぞ!

初めに

私は、1年ほど前まで、保育士として10弱勤務してきました。

これまでに、たくさんのクレームをいただいたことがあります。

確かに保護者の方が怒ってしまう気持ちも分からなくない、

子ども同士の噛みつきでの謝罪のクレームだったり、

そんなこと言われても…

そこまでは…

というような、”蚊に刺されたら腫れてしまうからと、蚊に刺されたことに対してのクレームを言ってくる保護者の方、

名前も書いていないくせに…

持ち物がなくなったというクレームだったり、

着替えが多い、洗濯が大変!というクレーム…

また一番多いクレームというのは、仕事が忙しかったりすることで、気持ちも分からなくないですが、体調不良の子供のお迎えや明日の登園は見合わせたほうが…

とアドバイスをした際のクレームというのが、だいたいのクレーム対応の主流でした。

これらはみんな、きっと言っても仕方のないこと…

と分かっていながらも、

気持ちのぶつけ所がないのかな??

というクレームなので、まぁ気持もわかりますが、

1度ある保護者の方に、そこ!?それ私、何って謝れというの!?

というような、クレームを言われたことがあったので紹介いたします。

私の出会った最凶の保護者の話

その保護者の方は、上記にあったようなクレームは一通り言ってきたような

いわばモンスターな保護者でした。

その子を私が担当していたのは1歳のころ、

その子は当日、紫の上の服に、白いズボンを組み合わせて
保育園にやってきました。

しかし給食の時間に、ズボンを汚してしまい、着替えることにしました。

確かに、かごの中には2~3枚はズボンも入っていたかもしれません。

しかし、正直、食事を済ませ、かたずけをし、排泄にやらなければいけない
食後の時間は、保育の中でも1番と言っていいほどバタバタする時間です。

子どもたちは思いのままに、ズボンを脱いでトイレに向かったりするので、

服を間違えないようにするだけでも手一杯‼!

そんなコーディネートしてあげられる余裕はないのですが…

たまたま手に取ったズボンが紫色のズボンだったようで…

その子は全身紫に!!

でも子供なんてそんなことってよくありません??

自分で選ぶようになったら全身ピンクな子なんてざらにいますよね。

紫の服にママ激怒!

しかし、全身紫の服を着せられたその保護者は激怒したようで、

お迎えは祖母だったため、その日は何もなかったのですが、

次の日かなりの形相で、私たちに嫌がらせか!!クレームを言ってきました。

1歳児はまだ着脱もできなければ自分で服を選んでくることもありません。

なので、確かに着せたのは保育士ですが…

そんな事気付いていなかったし、そんな嫌がらせって…

しないでしょ…!?

 

以上、私が一番驚いたクレームでした。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...

PR