保育士転職はアラフォーでも大丈夫?むしろ歓迎される理由

保育士として働いてきてもうすぐアラフォー。

もっと条件の良い園に転職したい気持ちはあるけれど、転職するには遅すぎる?そんな悩みを抱える方もいるかと思います。

他の職種ではなかなか転職がしづらくなる年齢かもしれませんが、保育士の転職としては遅すぎるなんてことはありません。

むしろ、保育経験が豊富なアラフォーの保育士は、多くの保育園で歓迎されます。

本記事では、その理由や強みについて解説してみました!

 

ぜひ、ご参照ください。

「即戦力」の強み

アラフォーでも保育業界で熱望される理由の1つが、日本中で保育園が不足している事実があるからです。

世論からの追い風もあり、日本は今「保育園を作れ!」というムードになっています。

そして、今後増え続けるであろう「新規園」では即戦力になれる経験豊富な保育士が求められるのです。

新規立ち上げの園の場合は特に、新卒や経験の浅い若い保育士だけでは保育が成り立たないからです。

アラフォーで10年や15年の保育士経験があるならば、後輩保育士の指導も任される責任のある立場として大歓迎されますよ。

保護者からしても、ベテランの保育士がいることは大きな安心につながります。

新規園や保育士を急募している保育園の検索には、求人サイトを利用することをおすすめします。

24時間、仕事終わりや休憩時間に求人情報を閲覧できるし、自分の条件で求人情報を絞り込めるので、効率良く転職活動を進める事が可能です。

主任・園長も目指せる

また、園によっては主任や園長として働く人材を求めている場合もあります。

株式会社を経営母体に持つ保育園が増えているので、雇われ園長もそれだけ求められているのですよね。

今までの保育経験を武器に、転職を機に主任や園長にキャリアアップすることも可能なのです。

さいごに~これから転職される方へ~

アラフォーだから転職は無理…ではなく、アラフォーだからこそ自分のスキルを活かせる園へ転職するという事を忘れないでください!

また、保育専門の求人・転職サイトに登録するなど、使えるものは何でも使い倒す事も重要です。

自信を持って、積極的な姿勢で転職活動に取り組みましょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...