保育士が違う園に転職できない時にありがちな事

違う園に転職したいけれど、なかなか実行できない…。

そんな悩みを抱える保育士は多いように思います。

私も新卒で就職した保育園でそんな状況に陥っていました。

そして、「辞めたい」という自分の気持ちを押しつぶしながら、自分を追い込みながら仕事をしていた時期がありました。

転職を実行に移すことは、なぜこれだけ難しいのでしょうか?

私と同じような悩みをお持ちの方に向けて、当時の自分を思い出しつつ、ありがちなパターンをいくつか書いてみたいと思います。

周囲に気を遣いすぎるパターン

わたし

自分が辞めてしまうと周りの保育士に迷惑がかかるし..。

最悪の場合、この保育が立ち行かなくなるのでは…

…と、周りの保育士や園に気を遣いすぎて辞められないパターンは多いですよね。

私の場合はこれでした。

実際には退職しても他にも保育士はいますし、新しい保育士を雇うだけなのですが、「自分がいなれば…」と思い込んでしまっているのです。

自分に自信が無いパターン

自分に自信が無い場合も、なかなか転職に踏み込めないジレンマに陥ります。。

転職したい気持ちはあるけれど、転職しても上手くいくはずが無いと自分の能力を低く見てしまっているパターンです。

思い切って転職に踏み切れば、もっと自分の力を発揮できる職場に出会えるかもしれません。

転職しなくても転職活動を始められる事を知らない

そもそも、今の職場を退職しなくても、スマホ一台から転職活動は始められます。

転職活動の第一歩としておすすめなのが、ハローワーク&保育業界につよい求人・転職サイトへの登録です。

ハローワークは現在在職中の人でも相談を受けてもらえる場合がある上、事前に色々と手続きを勧めておけば、退職後の手当の受給など必要な書類業務をスムーズに進めることができます。

同時に、保育業界に強い求人転職サイトへの登録も済ませておきましょう。

24時間、仕事終わりや休憩時間に求人情報を閲覧できるし、自分の条件で求人情報を絞り込めるので、効率良く転職活動を進める事ができます。

子どもへの思いが強すぎるパターン

子どもは、どの保育士にとっても可愛く大切な存在です。

しかし、その気持ちが強くなりすぎてしまい、「この子達が卒園するまでは辞められない」と思いながらも、なかなか卒園児クラスは持てず…。

転職の機会を逃してしまいます。

さいごに~これから転職される方へ~

いかがでしょうか?

保育士は責任感が強く、真面目な人が多いですから、こういった悩みにとらわれがちです。

その結果、環境を変えられず苦しんでいる方は多いはず。

人のためにという思いは大切です。
しかし、その思いにとらわれ過ぎずに自分の進路を考えられると良いですね。

人生は一度きり。
自分が納得できる職場で働くためにも、時には思い切った決断も大切だと思います。

また、保育専門の求人・転職サイトに登録するなど、使えるものは何でも使い倒す事も重要です。

自信を持って、積極的な姿勢で転職活動に取り組みましょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...

管理人

ささき

数年前、保育職の転職で待遇改善に成功しました。

自分の経験を一人でも多くの保育士さんに届けたくて、このサイトを作りました。

保育業界の就職・転職はだれでも成功させることができます。

本サイトを皆様の就職活動にお役に立てください。