保育士が他の園に転職するメリット!実際良くなるの?

今回は『保育士が違う園に転職するメリット!実際良くなるの?』というテーマで記事を書いてみます。

保育士として他の園に転職したいと考えたとき、気になるのは「今よりも良い環境や条件で働けるのか」という部分ではないでしょうか?

保育士が転職することのメリットを、実際の転職経験からご紹介します。

転職することのメリット

保育士が転職する1番のメリットは、学生時代に就職先を選ぶときと違い、保育士経験を活かした職場選びができるということです。

私が新卒で就職先を選んだ時は、右も左も分からない状態で、就職先の園長が言っていることは全て正しく感じましたし、保育環境に疑問を持つこともありませんでした。

しかし保育士経験を積む中で、保育方針に疑問が出てきたり条件の悪さが目についてきたのです。

良い、悪いの判断が出来るレベルまで成長したとも言えます。

そこで、転職する時には、よりシビアに条件を設定しました。

  • 給与
  • 勤務地
  • 保育方針・保育内容
  • 園長の人柄

などなど、皆さんにとっても「こんな職場で働きたい」というイメージがあるますよね?

前述の通り、保育経験があるからこそ、自分に合った園を冷静に選ぶことが出来るのです。

そして、シビアに冷静な目で選んだ園だからこそ、働き始めてから「こんなはずではなかった」と後悔するリスクはかなり軽減できます。

これが、保育職が転職で失敗しにくいと、言われる理由の一つなのです。

多くの場合、前職転職前の園に比べて、かなり働きやすい環境の中で保育ができるように保育環境を改善できます。

経験を生かせば、選択も広がる

また保育士経験を活かす事で、働き方の選択肢を広げることが出来ます。

新規オープンの園から熱望されます

例えば、人気の高い新規オープンの園は即戦力を求めているので、未経験者は正社員登用されない場合が多いです。

「保育士経験3年以上」などの条件を出している場合が多いので、一度調べてみてください。

このように「即戦力」を求める保育施設は多く、経験があるだけで選択肢が広がるのです。

保育園不足が騒がれている社会情勢という事もあって、新規園が各地で加速度的にオープンしています。

即ち、「即戦力」を求める園はこれからも増えていくという事です。

自分の保育経験を活かして、1から保育園を作りあげていくことは、今までとはまた違った充実感が感じられます。

さいごに~これから転職される方へ~

保育経験は保育士にとって大きな財産です。

経験を活かした職場選びをすることで、今までの園と比べて良い環境で働ける可能性が高まりますよ。

今の職場で子育てやお給料などの悩みを抱えている方は、ぜひ転職を検討してほしいと思います。

また、保育専門の求人・転職サイトに登録するなど、使えるものは何でも使い倒す事も重要です。

自信を持って、積極的な姿勢で転職活動に取り組みましょう。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...