子供の扱いが苦手な保育士さんへのアドバイス

子供が言うことを聞かない!とお悩みの保育士さんへ

「子供が言うことを聞いてくれない」「子供をうまくまとめられない」

こんな悩みを抱えている保育士さんは、多いのではないでしょうか。

今日は、どのクラスにも、どの学年にも通用するクラス運営「子供をまとめる方法」を紹介します。

キーワードは「好奇心」と「関心」

子供は、好奇心のかたまりです。
「好奇心と関心を持たせる」ことで、キラキラした目でついて来てくれるようになります。

子供をうまくまとめられない保育士の悩み

  1. 子供が言うことを聞いてくれない
  2. ケンカ(トラブル)ばかり起きる
  3. 子供たちに落ち着きがない

子供をうまくまとめられない保育士さんは、このような悩みを抱えていることが多いです。

そしてその原因を、子供やクラスのせいにしがちです。

本当にそうでしょうか…。

原因は、あなたの内側にある!

「もし、ベテランの先生が担任だったら、このクラスはうまくまとめられるのではないか」と思ったことはありませんか?

この悩みは、若い保育士さんに多く、経験不足が原因なのではないかと思います。

つまり、うまく子供をまとめられない理由は「あなたの内側にある」かもしれません。

①子供が言うことを聞いてくれない

「子供が言うことを聞いてくれない」と悩んでいる人もいると思います。

もしかしたら

  • 先生が言っている言葉が難しい
  • 早口で聞き取れない

ということが、原因かもしれません。

子供はテレビやゲームをしている時は集中していますよね。
しかし、同じテレビやゲームでも、将棋の試合や大人向けのニュースなど、難しい内容だとすぐに飽きてしまいます。

子供は「難しい内容のもの・理解できないレベルのこと」には、興味を示しません。
なので、子供が理解できるようなことを言ってあげることが大切です。

②ケンカ(トラブル)ばかり起きる

どうして、ケンカやトラブルばかり起きるのでしょうか。

考えられる理由は、2つあります。

  1. 子供が、ストレスをかかえている
  2. 子供が、そういう発達の時期にある

子供は、自分の気持ちを言葉で表現することが、まだまだ苦手です。
嫌なことがあった時や、体調が悪い時に、うまく言葉で伝えられず、手が出たり、物に当たったりします。

もちろん、暴力など「相手を傷つけること」は、危険なので止めないといけませんが、
このような時には「子供の気持ちに寄り添ってあげること」が大切です。

子供は、自分の感情をどう処理すれば良いのかが、わからないのです。

「悲しかったんだね」「嫌だったんだね」などと声をかけて、気持ちに寄り添うようにしてあげると、子供は落ち着きます。

③子供たちに落ち着きがない

子供たちに集中力がなくて困った時には、どうしたら良いのでしょうか。

もしかしたら、先生自身の落ち着きのなさが原因かもしれません。

また、若い保育士さんであれば、余裕のなさから目の前のことに必死になり、無意識のうちに怒鳴ったり、怒ったり、ソワソワしたりしてしまっている可能性がありますよね。

子供は、保育士のことをよく見ています。
意識してみましょう。

子供の好奇心をくすぐる保育士を目指そう!

子供をうまくまとめるためには…

まず「子供たちがどんな話し方で、どんな内容なら興味を持つのか」を考えてみましょう。

子供をうまくまとめるコツは「好奇心をくすぐらせ、関心を持たせる」ことです。

子供の好奇心をくすぐることができる保育士は、必ずと言っていいほど、クラス運営がうまいです。

子供は

「次は、どんな話をしてくれるんだろう」

「次は、何をするんだろう」

と関心を持ち、目をキラキラさせ、ワクワク楽しみに登園してくれます。

このように関心を持ってもらえると、あなたの話もちゃんと聞いてくれるようになると思います。

子供をうまくまとめられる保育士になるために

「子供の好奇心をくすぐる保育士」

を目指しましょう!