復職した保育士が後悔している事と、転職の重要ポイント。

いまから10年くらい前、出産を機に5年務めた公立保育園を退職しました。

そこからブランクを経て保育業界に戻りましたが、転職先の保育園選びに失敗してしまいました。

幸いにも元の職場に戻ることができましたが、今思えば「あの転職時にこうしておけば…」と思うことは沢山あります。

この記事では特に重要だと思うポイントをまとめてみました。

就活中の方、保育士の方はぜひご参照ください!

 

退職した時のこと

二人目の子どもができた事がきっかけで、10数年働いた公立保育園を退職しました。

わたし

このまま育児と仕事の両立は無理かな…

すでに1人目の育児でもいっぱいいっぱいだったので、そのように思っていました。

子どもの入園を機に就活開始

子どもが幼稚園に入ったので働こうと求人を探しました。

保育業界に限らず様々な職種を検討していましたが、なぜか保育士のお仕事ばかり探してしまう私。

保育士の仕事は大変ですが楽しいこともいっぱい。だからやめられないのでしょうね。

その後、職安を通してとある保育園に行くと「すぐにでも働いてもらいたい」とのこと。

あっさりと内定をいただくことができました。

保育に復職するならここに注意!

次の日からパート保育士として半日勤務で働き始めました。

しかし、

  • 以前働いていた園と保育方針が違いすぎる
  • 人手不足のため休みがもらえない
  • 働く保育士に余裕がない。イライラしている

など問題がでてきてしまい、結局退職することに。

もっと見学をしてから決めたほうが良いと思います。

そして、あまりにも内定と就業までのスパンが短いところは人手不足問題が深刻な可能性があります。

こういった保育園には注意した方が良いと思います。

元の公立保育園で働いています

そして今は以前働いていた公立保育園に戻りました。

今回の転職を通して学んだことは、

  • 1ヶ月以内に就職しなくては!などと焦ってはいけない
  • 情報収集はしっかり行う(転職サイトやエージェントを利用する)
  • 面接前に必ず見学する
  • 働いている保育士の様子を確認する(イライラしていないか、余裕があるか、などなど)

こういった点を抑えることが重要だということです。

 

私の体験談が、これから保育業界に入る人や、保育園を探している方の参考になれば幸いです。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...