【保育士】持ち帰り残業多すぎ?転職して反撃せよ。人生を取り戻す方法

保育士になって1年目、期待いっぱいで初めた社会人生活でしたが…そこはかなり働きづらい職場でした。

その保育園でのことや、転職後の保育園のことなど、私の体験を書いてみたいと思います。

転職前の職場でのこと

1年目は、年上の先生に教えてもらうことを必死に覚えていく感じだったので、「辞めたいな」と思うことはほとんどありませんでした。

保育士として、全てが初めての事だったので、園長や保育園のルールが少々厳しくても「そういうものなんだ」と解釈していたように思います。

しかし、2年目になり他の保育士の話を聞いたり、自分でできる事が増えてきた頃、だんだんと園長や主任に言われることに「理不尽だな…」と思うケースが出てきました。

持ち帰りの残業が多い!

私の勤めていた園は、手作りのものが多く、行事のたびに裁縫をしたり、マスコットを作ったりしてプレゼントしていました。

手一つ一つ作る作業は大変で、とても勤務時間中にはすべて終わらないため、当然のように持ち帰り作業をしなくてはいけなくなりました

土日も仕事。増えるタスク…

それから、保護者との連絡ノートもなかなか厄介でした。

これは金曜日に保護者から集めるため、必然的に保育士が返事などを書くのは土日となります。

普段の勤務時間もかなりハードでした。

  • その日の反省
  • 振り返り
  • 翌日の準備
  • 作り物
  • 園だよりの作成

…などをしていると次々とタスクは溜まり…定時に終わることなんてありえない状況でした。

わたし

このままだと頭がおかしくなりそうっ!

休みの日もずっと仕事のことを考える日々。

そんなこんなで2年間頑張りましたが、3年目を迎える前に限界が来て退社しました。

転職活動のこと

右も左もわからないまま転職活動をスタートした私。

次は何の仕事をしようかと悩みましたが、保育士という仕事は好きだし、子どもたちとまた関わりたい気持ちが強かったので、すぐに別の保育園を探し始めました。

転職に際しては、ハローワークは利用せず保育業界に特化した転職サイトを利用しました。

田舎に移住するとはいえ、一人暮らしをするなら最低でも手取り20万円の給料が必要だと考えたため、生活のためにも、給料面もできるだけ妥協せず探しました。

転職活動3ヶ月ほどで、自分の条件に合う今の職場に出会うことができ、面接、無事内定となりました。

転職した現在のこと

新しい園では、持ち帰る仕事も無く(仕事もだいぶ効率的に終わらせられるようになったのもありますが)、土日はしっかり休めるようになりました!

年上の先生たちも、親身になって話を聞いてくれたり、私たち年下の意見も聞きながら一緒に保育をしてくれています。

これまで私は思っていることを他の先生たちに言えずに、ずっとモヤモヤしているタイプでした。

しかし、転職して職場の環境が変わったと同時にそういった性格もリセットされ、自分をしっかり出しながら働けています。

開放的な職場に変わった事で性格もかなり前向きに変われたのだと思います。

さいごに~これから転職される方へ~

転職してもう3年が経とうとしていますが、今でも働きやすい職場に転職できて良かったと思います。

同時に、もしもあの時あの職場で働き続けていたら…と怖くなる事も。

今の職場で子育てやお給料などの悩みを抱えている方は、ぜひ積極的に転職も検討してほしいと思います。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (まだ評価されていません)
読み込み中...