保育士の年収は地方と東京でこんなに違うの?埼玉から転職して分かったこと

私は埼玉県にある小規模の認可保育園で働いていましたが、とある事情により退園し、今は東京の保育園に転職しました。

驚いたのは、その給料の差額です。

本記事では年収も公開し、転職の前後を比較してみました。

東京での就職を検討している方には、特に参考になる情報だと思います。

ぜひご覧ください!

転職前の職場のこと

私は以前、埼玉県内にある企業運営の小規模認可保育園に勤めていました。

当時の給料は額面で17万程度、健康保険などを引くと手取り14万いくかどうか、ボーナスも年2回でトータル20万もいかないくらいでした。

他の記事でも書きましたが、こんな感じ↓でした。

月収 年間ボーナス 年収
17万円 20万円 約220万円

また、書類や雑務などでサービス残業をする事も多く、持ち帰りの仕事で日付が回るのもしばしばでした。

職場には、県内の公立保育園に長く勤めていた先輩の職員が何人かおり、園長含めてみんなが率先して残業したり仕事を持ち帰ったりしていたので、当時の私はそれが当たり前なのだと思って疑問に感じず、同じようにしてプライベートの時間を削って仕事に打ち込んでいました

今思うと、埼玉県の保育現場の悲惨さを、先輩たちが物語っていたのだと思います。

その後、結婚を機に新居から通勤できる保育園で働こうと考えていたところ、東京都で保育士への処遇改善についての話を耳にし、東京の保育園に就職することを決め、転職支援サイトへ登録、紹介を受け転職をしました。

転職後変わったこと

働き始めてから最初の給料明細を見てとても驚きました。

以前の職場よりも、手取り額が10万円ほど多かったのです。

比較表です↓

月収 年間ボーナス 年収
転職前 17万円 20万円 約220万円
転職後 27万円 30万円 約350万円~

理由は処遇改善の手当はもちろんの事ですが、基本給から施設手当など、何から何まで見た事もないような額だったのです。

また、持ち帰りの仕事も禁止されており、基本業務時間内で仕事が終わるような仕事内容や職員体制が整っておりました。

おかげでプライベートの時間が充実し、仕事終わりにリフレッシュできるお陰で、日々の保育業務も毎日気分良く働く事ができました。

転職をして、本当によかったと思います。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...