保育士の転職先はオープニングスタッフがおすすめ!何より楽しい。

私は福祉法人の保育園で正社員として働いていましたが、3年努めた後、新しい保育園で「オープニングスタッフ」として働くことにしました。

転職して3年経ちますが、新規の保育園で働いて本当ーに良かったなと、今でも思っています!

今回は転職前の待遇や心境も含めて、転職エピソードを書いてみたいと思います。

ぜひご参照ください!

転職前の保育園のこと

とにかく、仕事量が多く休む時間も無い職場だった..という一事に尽きます。

  1. 早番、遅番が多い
  2. 勤務時間外で仕事をすることが当然
  3. 残業が常態化
  4. 残業代無し
  5. ボーナス無し

と、ブラック企業によくある特徴はだいたい持ち合わせていた会社だったのではないでしょうか

自分の時間も持てず、大好きなカフェ巡りの時間も無くなりました。

常々転職願望を持ち続けていましたが、転職のきっかけは子どもの学校行事にも出席できなかった事です。

日々の疲労と罪悪感から「このままでよいのか?」と自問自答する中で転職を決意しました。

転職活動のこと

転職は初めてでしたが、利用できるものは何でも利用しようと思い、ハローワークと3つの求人サイトに登録しました。

担当の方はどちらも熱心に求人案件を探してくださったので、非常にスムーズに転職先を見つけることができました。

求人サイトは3つも登録しましたが、担当さんそれぞれに性格や得意分野が違ったため、登録しすぎたな~..という後悔はありません。

自分にその担当さんが合うかどうかは運次第ですから、選択肢は多いほうがいいと思います。

転職後の保育園のこと

勤務先はこれからオープンするというという新築ピカピカの保育園で、私はオープニングスタッフとして契約社員という形で働くことになりました。

0からのスタートでしたが、もちろん周りの保育士たちも0からのスタートです。

オープニングスタッフだからこそ体験できるワクワクや楽しさがたくさんありました。

たとえば、「どんな風に保育をするのか」「子ども達はどんな保育園だと楽しいのか」などなど、一緒に働く保育士たちといろいろな案をだしながら準備していく作業は大変でしたが、楽しかったです。

人間関係もみんな一からのスタートなので、保育歴の先輩、後輩はあっても、職員同士のしがらみが無いというのは働きやすいポイントです。

待遇面でも色々な変化がありました。

まず何より、残業が一切無くなった事が嬉しかったです。

定時ぴったりに仕事を切り上げ、帰宅することができます。

前職をやめるきっかけにもなった子どものイベントには、毎年参加できるようになりました。

また、以前は正職員で働いていましたが、とにかく勤務時間外のサービス残業が多かったので、時給に換算すると今の契約社員のほうがお給料をもらっているかもと感じます。

比較表です↓

月収 雇用形態 年収 残業 早番、遅番
転職前 20万円 正社員 毎日 あり
転職後 18万円 契約社員 無し 無し

さいごに~これから転職される方へ~

以前、働いていた時にはこんな働き方があるとは思いもしませんでした。

毎日仕事に追われ一生懸命働いていると、それだけで精いっぱいになってしまうからでしょう。

しかし、働いていく中で年月が経つと自分の状況や考えは変わります。

同じ保育士として働くにしても、いろいろな環境

があります。

今の職場より、もっと充実して働ける形態や職場はきっとあります。

もし、今の職場に不満があるのなら、転職サイトなどをのぞいてみてもよいかもしれません。

私は自分の変化に合わせて職場を変えることができて、本当に良かったと思っています。

この記事を評価する

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
読み込み中...